兵衛向陽閣 旬の味

旬の味

もろこし御飯jpg.jpg
〈釜飯〉とうもろこし 生姜 バター
 
蓋を開けると、黄金色の艶やかなとうもろこし。
 
あつあつハフハフを口に頬張ると、
しゃきしゃきと爽やかな音響が顎の骨に響く。
新鮮なとうもろこしの心地よさ。
 
たくさん食べたら、夏を元気に過ごせそうです。
 
※プラン・コース等により、含まれていないものもございますので、
  ご了承ください。
※一品料理としてはご用意いたしておりませんのでご了承ください。
※仕入れ状況等により、お献立は変更となる場合がございます。

旬の味『鱧 小鍋仕立』

鱧 小鍋仕立.jpg
〈小鍋仕立て〉 鱧 真蒸 淡路玉葱 三つ葉

 
鱧は小骨が多く、なんとも手間のかかる食材ですが
昔から人気のある食材。

その人気の理由が、このお出汁を口に含んだ瞬間
"ふわっ"とわかります。

鱧にしか出せない旨味です。

初夏にいただく真っ白な身は、目にも涼やかです。

 

※プラン・コース等により、含まれていないものもございますので、 
  ご了承ください。
※一品料理としてはご用意いたしておりませんのでご了承ください。
※仕入れ状況等により、お献立は変更となる場合がございます。

旬の味『米茄子田舎煮』

米茄子田舎煮.jpg
米茄子田舎煮
海老葛煮 花山椒 南瓜 小芋 ふり柚子 庵掛け

 

茄子の種類はたくさんあるが、米茄子は
肉質かしっかりとしていて油とよく合う。

上に飾られた黄緑色の花山椒は、
実や葉の部分とは違い、ふわっと柔らかな食感。

優しい甘めの出汁がそれぞれの素材をひきたてています。

 

※プラン・コース等により、含まれていないものもございますので、
  ご了承ください。
※一品料理としてはご用意いたしておりませんのでご了承ください。
※仕入れ状況等により、お献立は変更となる場合がございます。

旬の味『鯛の子の玉〆』

鯛の子玉〆.jpg
鯛の子玉〆 百合根 京都生湯葉 庵掛け


春から夏にかけてが旬の「鯛の子」

たらこと違い、一粒一粒が細かく
舌触りが滑らかで、少しまったりとした食感。


つるんと喉ごしの良い玉〆と、
ほくほくした百合根、
コクのある生湯葉と共に

鯛の子の旨味と食感を味わい下さい。

 ※プラン・コース等により、含まれていないものもございますので、
 ご了承ください。
※一品料理としてはご用意いたしておりませんのでご了承ください。
※仕入れ状況等により、お献立は変更となる場合がございます

旬の味『初鰹焼霜作り』

初鰹焼霜作り.jpg
初鰹焼霜作り 夏野菜 海藻ドレッシング


江戸初期の俳人、山口素堂(やまぐち
そどう)が
~目には青葉 山ほととぎす 初鰹 ~と俳句によんだように、
春から初夏が旬の初鰹は、脂身が少なめ、
身もしまっていてプリプリとして大変美味しい。

夏野菜のホワイトセロリは、セロリが嫌いな方にも食べやすく
見た目は三つ葉のような野菜です。

繊維が非常にやわらかく、シャキシャキとした歯ごたえが
良いアクセントとしてきいています。

 

※プラン・コース等により、含まれていないものもございますので、
  ご了承ください。
※一品料理としてはご用意いたしておりませんのでご了承ください。
※仕入れ状況等により、お献立は変更となる場合がございます。

1234567891011

ネット予約が最安値-ベストレート-

条件から空室を検索

宿泊日

ご利用人数

料金


宿泊プラン一覧 空室カレンダー

予約確認・変更 予約の取消

空室状況から選ぶ(6か月)


お電話でのご予約・お問い合わせ | 0120-400-489

ANA×兵衛向陽閣 ダイナミックパッケージ ご予約はこちら


快適にお過ごしいただくためのお手伝い

ピックアップコンテンツ

展望露天風呂付き客室 最上の贅沢

有馬温泉 兵衛向陽閣7つのポイント

兵衛の歴史

有馬温泉 兵衛向陽閣での過ごし方

観光案内

フォトギャラリー

CMライブラリー みんなで向陽閣デビュー♪


セラピールーム HANA

癒し処 シエル


インフォメーション

  • 宿泊券・日帰り利用券
  • お客様の声
  • パンフレットダウンロード
  • よくある質問
  • 交通案内
  • 有馬の天気

メルマガ会員募集

2017年の休館日

1月/ 10日(火)・11日(水)
2月/ 27日(月)・28日(火)
3月/ なし
4月/ なし
5月/ 8日(月)・9日(火)
6月/ 26日(月)~29日(木)
7月/ なし
8月/ なし
9月/ 5日(火)・6日(水)
10月/ 17日(火)・18日(水)
11月/ なし
12月/ 11日(月)・12日(火)
13日(水)

有馬温泉 兵衛向陽閣の携帯サイト


このページの先頭へ