GLOBAL グローバル志向の方へ グローバル化に向けて

日本に訪れる外国人旅行客

観光庁によると、2016年10月末に訪日観光客が2000万人を突破しました。
日本政府は2020年の目標に訪日客4000万人を掲揚、オリンピックに向けてより多くの訪日客の訪れが期待されています。
近年では都市部のみならず、地方に訪れる外国人の割合も増加。グローバル志向の人材の重要性が高まっています。

訪日外国人者数の推移の棒グラフ

言葉の壁を感じさせない
「おもてなし」をめざして

兵衛 向陽閣のスローガンは「感動は一人一人の笑顔から」というもの。
日本の方だけでなく、訪日外国人の方にも同じ感動を味わっていただくため、
特にサービス業においてグローバル志向の人材採用を積極的に行っています。
国籍問わず、有馬温泉を訪れるお客様すべてに等しく「おもてなし」をご堪能頂くため、
兵衛 向陽閣では教育体制として英語の講習も行っていますので、自分の語学力を生かしたい、
さらに向上させたいと考えている方のサポート体制にも自信があります。

日本文化を求め、
訪れる外国人観光客

今有馬温泉ではインバウンドへの対応が急ピッチで進められています。
語学に堪能な日本人の方は大いに力を発揮してもらえる環境にあります。
やはりどうしても言葉の壁、文化の壁は歴然とがあり、海外のお客様に有馬温泉の魅力、
そして兵衛 向陽閣のおもてなしの魅力は100%伝えきれていないと感じています。
しかし海外から来るお客様が、勝手知ったるホテルではなく、
わざわざ日本旅館への宿泊を求められて兵衛 向陽閣へ来られているわけです。
そこにあるのは日本食、温泉、着物。つまり日本文化そのものを堪能するために来られるのです。

和菓子

GLOBAL JAPANESE日本人だからこそ
伝えられる日本文化

そういった日本古来の、日本ならではの魅力を海外の方に対し饒舌に、しかも本質的な部分を正確に伝えられるのはやはり日本人なのではないか、と考えています。
レベルの高い日本のサービスに子どもの頃からことあるごとに触れ、“気づかれない気づかい”を体験している日本人だからこそ、「どうすればそれを海外の方に伝えきれるか?」という部分で想像を膨らませることができるのではないか。そう思い、語学の堪能な日本人を、これからの兵衛 向陽閣を支える大きな柱として採用したいと考えています。
特に海外留学を経験されている方。外国の文化に触れたことにより、一層日本のおもてなし文化の価値と質の高さを認識された方ならば、より一層海外から来られるお客様にご満足頂けるおもてなしを提供できるのではないでしょうか。

外国人のスタッフ

GLOBAL FOREIGNER外国人が語る、世界で
通用する日本旅館のサービス

しかし中には例外的に、こんな方もいらっしゃいます。ルーマニア出身、兵衛 向陽閣へ来て三年になるブラガさんは現在、ネット販売やインバウンド用の販売サイトの管理、さらにフロントの対応、マーケティングリサーチまでもこなしています。
ブラガ:
「ホテルは、言わば近くにある観光スポットを巡るための拠点。旅館は拠点でありながらも、旅館に泊まること自体が目的となっています。だから最初から最後まで、様々な局面でお客様にサービスをする。サービスをする機会の多さも濃さも、ホテルとはまったく異なります。そういうものの全部が外国人から見たら本当に珍しくて、学ぶほどに深く、人としての精神的な価値が上がるような気がします。
今の日本において観光業は一大ビジネス。加えて、世界有数のサービス大国である日本で、最もハイレベルなサービスが学べる場所。つまり兵衛 向陽閣で学べば、のちに世界中どこの国でどんなサービス業についても高いポテンシャルを発揮できるでしょう」。

ENTRANCE REQUIREMENTS LIST 募集要項

兵衛 向陽閣の採用の募集情報一覧は
こちらのページからご確認ください。

詳しくみる
PAGE TOP