02 CROSS TALK 対談 客室

MY CAREER

杉本一生Issei Sugimoto
接客サービス部 客室課 (2012年入社)

  • 2012年04月接客サービス部客室課 配属
  • 2015年07月副主任 昇進
  • 2016年12月主任 昇進

MY CAREER

松下奈楠Nana Matsushita
接客サービス部 客室課 (2014年入社)

  • 2014年04月接客サービス部客室課 配属
  • 2014年07月接客サービス部料飲課 異動
  • 2015年08月接客サービス部客室課 異動
  • 2016年07月アシスタントチーフ 昇進
  • 2016年11月総務部マナー教育課 異動
杉本さん

WISH MOTIVE志望動機

「業務が細分化されることで、より接客に専念できる」

  • 杉本

    ホテル業界に興味を持ったきっかけは、学生時代の部活動の時でしたね。遠征の時に部員みんなで旅館に泊まったんですが、自分の家以上にこんなにくつろげるところがあるのかと思った。そこで感じたのは特別感じゃなくて、くつろぎ感だったんです。その感覚がずっと忘れられなくて。

  • 松下

    杉本さんって確か弓道部のキャプテンだったんですよね。

  • 杉本

    はい。弓道って五人並んでやるんですが、キャプテンってだいたい一番前に立つんですよ。後ろの四人が見えないんですが、見えないからこそ空気を読もうとするんです。その経験で、言葉だけでは伝わらない気持ちもあることを知り、お客様の一挙手一投足を見るという客室係の仕事に繋がっているんだと思います。

  • 松下

    私はもともとホテルの専門学校に行っていました。私の思う理想の接客とは、とにかくお客様に寄り添えるというもの。で、向陽閣の説明会に参加して、ここの柔らかい社風、あたたかい雰囲気とより接客に力を入れていることを感じたんです。

  • 例えば、向陽閣のどんなところでそれを感じましたか?

    松下

    そうですね、例えば布団係を別にもうけているのも、客室係を接客に集中させるため。接客係がより長く、お客様に寄り添えるように、と。その他にもいろいろと、より細やかなサービスをするために業務が細分化され、向陽閣用にカスタマイズされています。それら一つ一つが、私のしたい接客により近いと思いました。

松下さん

EPISODE今も心に残るできごと

「お客様から教わったたくさんのこと」

  • 松下

    私にとって初めての宴会のお客様が、韓国人八名様だったんです。そのうち英語が通じるのは二名のみでした。私も英語は勉強はしていますが、ペラペラとはとても言えないレベルで(笑)。

  • 杉本

    英語が通じるのかというコミュニケーションの不安、ましてや初めての宴会、っていうのはキツいですね(笑)。

  • 松下

    ええ、そりゃもう(笑)。緊張もすごかったんですが、結果的にはすごく優しくていいお客様でした。その方が連泊だったので、二日目宴会の時、まだ話していないお客様に、こちらがハングル語を勉強してメモに書いて渡したんですよ。少しでもコミュニケーションをとろうと思って。そしたらすごく喜ばれた。この経験で喜びから、チャレンジすることの大切さを学んだ。

杉本さん
  • 杉本

    僕のは、初めてお茶をお出ししたお客様についてのお話です。その方はリピーターで、新卒だった僕よりも全然館内に詳しい方だったんですよ。普段だったら説明もいらないような方でしたが、こちらが研修生だということで「いいよ、説明聞くよ。それも勉強だもんね」って言ってくれたんです。

  • 松下

    めっちゃ優しいお客様!!

  • 杉本

    でも緊張で間違いだらけで、お客様からも指摘されるという体たらくでした(笑)。でもそれがきっかけでその方に気に入って頂けたようです。僕はもちろん向陽閣が大好きだし、その方も向陽閣が大好きでいてくれている方。だからあたたかい目で見て頂けたんだと思います。

  • その方は今もリピーターなんですか?

    杉本

    はい。僕が入社して五年目ですが、未だに声を掛けてくれます。「杉本君がいる間ずーっと来るから、やめないでね(笑)」って(笑)。

松下さん

DELIGHT仕事に対する喜び

「“一歩先を読む”サービスが的を射た時の喜び」

  • 松下

    対ヒト、というのが顕著に現れるのが客室係というお仕事だと思います。一歩先を読む難しさですね。だからこそサービスがガッチリはまった時は嬉しいです。例えば、食事を終えた後に薬らしき包みが見えた時は、氷も何も入っていない常温の飲料水を用意するとか。するとお客様はやっぱり「あ、気づいてくれてたんだ」という顔をされます。細やかさ、少しの気づきの繰り返しだと思います。

  • 杉本

    そういうことは手厚すぎるくらいやったほうがいいです。服がどこに掛けてあるか、バックがどこに置かれているとかもそうですが、全部それがお客様の個性、特徴の手掛かりになる。すべてがおもてなしの気づきのポイントになる。お客様は十人十色なので、その方にご理解頂ける伝え方を探るのがサービス業の醍醐味ですね。

  • 松下

    そして、それを発信してゆく側になりたいです。例えばここでこうして話させて頂いていることが誰かの目に届いて、それで向陽閣に興味を持って頂けたら嬉しいですね。

学生にひと言

サービス業も多種多様な物がありますので、希望されている人達は「自分のやりたいサービス」「届けたい想い」を持って選択してほしいです。これから仲間になる皆さんと会える日を楽しみにお待ちしています。

学生にひと言

私は“日頃お疲れのお客様”や“何かの記念でお越しのお客様”の、幸せな時を身近に感じられて、そのお手伝いが出来るこの仕事は、感動を与えることの出来る、ステキな仕事だと思っています。この歴史ある旅館で、私たちと共にお客様に感動を与えてみませんか?

ENTRANCE REQUIREMENTS LIST 募集要項

兵衛 向陽閣の採用の募集情報一覧は
こちらのページからご確認ください。

詳しくみる
PAGE TOP