兵衛向陽閣 スタッフブログ

スタッフブログ

調理部よりの最近のブログ記事

おせち料理いろいろ

調理の栗崎です。
年も明け、有馬では厳しい寒さの中にも清々しさを感じる様になりました。
さて、本日は皆様もお正月に食べられた"おせち料理"について
お話しさせていただきます。

本来「おせち」とは、暦上の節句の事で、その際に食べる料理を
おせち料理と言います。現在では、節句の一番目にあたるお正月の
料理を表す言葉として使われています。

 

osechi.jpg

おせち料理は、味、見た目は勿論、一つ一つの料理に日本人ならではの
粋な願いが込められています。その一例を紹介します。

黒豆...くろまめの語源から、まめに働く
数の子...卵がたくさんついているところから、子孫繁栄
伊達巻き...見た目が巻物に見えるところから、知識が増える様に
伊勢海老...腰が曲がっても元気でいられます様にと長寿の願い
くわい...芽が出ているところから昇進願い
蓮根...孔が空いているところから、先見性のある一年を・・・
ごまめ...昔は鰯を肥料にしていたところから五穀豊穣
栗きんとん...きんとんは金団と書き、財のある一年を

こうして見てみると、素材の育った環境、見た目、それに言葉をもじった
粋な心意気が伝わってくる様です。

では、最後に質問です。
"叩きごぼう"もお正月によく使われる料理ですが、
どういう意味があるでしょうか?

叩きごぼうは、正月では多々喜ごぼうと書かれる事もあり、
喜びの多い一年であります様に、それにごぼうは根を張ることから
根気がつく様に。

いや~それにしても叩き多々喜と書くとは、考えた人の人柄が
うかがえる粋な言葉ですね。

調理 栗崎

******************************
有馬温泉旅館 兵衛向陽閣
〒651-1401
神戸市北区有馬町1904
予約専用ダイヤル: 0120-400-489
※インターネットでの予約受付はコチラ
******************************

有馬温泉で秋の味覚堪能♪

こんにちは、有馬温泉旅館・兵衛向陽閣 調理部の松永と申します。
秋も日に日に深まり、有馬の山々も鮮やかに色づき始めました。

秋といえば食欲の秋!秋の味覚の代表格「土瓶蒸し」について、
お話いたします。

 

matsutake_dobin.jpg

土瓶蒸しは、土瓶に松茸と鱧、その他の材料を入れて蒸し煮にすることで、
材料に火を通して柔らかくするとともに、その旨みや風味を吸い地に移した料理です。

一般的な食べ方は、土瓶蒸しの器に付属している猪口に、鱧と松茸のおいしさが
凝縮した吸い地を注いでいただきます。
口いっぱいに広がる秋の香り!感動!!
次に酢橘を絞ってもう一度頂く。これまた絶品。感動!!
それから具を味わいます。
おいしい物を食べて感動する。これってすばらしいことですよね。

もちろん有馬温泉旅館兵衛向陽閣でも季節の献立に土瓶蒸しを取り入れており、
高評価をいただいております。この他にも秋の味覚を存分に堪能して頂ける献立と
なっております。是非、一度ご賞味ください。

私も人々に感動を与えられる料理人に少しでも近づけるように、
これからも日々精進していきたいと思います。

★下記のご宿泊プランには、松茸と鱧の土瓶蒸しがついております。
【秋味満喫会席】ご宿泊プラン
【秋得】ご宿泊プラン(創作会席プランのみ)
※2011年11月7日までの期間限定。

調理部 松永

******************************
有馬温泉旅館 兵衛向陽閣
〒651-1401
神戸市北区有馬町1904
予約専用ダイヤル: 0120-400-489
※インターネットでの予約受付はコチラ
******************************

こんにちは。調理部の下田です。
旅館「兵衛向陽閣」では「鯛の荒煮」をよく使います。
その量はびっくりするほどの量です。
その日に宿泊されるお客様の人数によっては400人前ほど炊く場合もあります。
大体ひとつの鍋に30人前ほど並べますので、400人前ともなると沢山の鍋
必要になります。

こちらが「鯛の荒煮」の盛り付け例です。


tai_arani_2.jpg

あしらいは主にごぼうだったり小芋だったりします。
香りのものに木の芽、針柚子、花山椒などあります。
他にも鯛蕪などにも利用します。

一般的なお料理ですが、評判もなかなか良いそうです。
他にも色々な料理を熱いもの冷たいもの季節に応じて提供します。

一度この評判「鯛の荒煮」を食べてみてはいかがでしょう。
お客様のお越しを心よりお待ちしております。

調理部 下田

こちらのご宿泊プランには「鯛の荒煮」が献立に入っております。
基本プラン 【お部屋食】・【会席料理(B)】・【西館和室8畳】
レディースプラン【お部屋食・会席】(女性限定)《西館10帖》

******************************
有馬温泉旅館 兵衛向陽閣
〒651-1401
神戸市北区有馬町1904
予約専用ダイヤル: 0120-400-489
※インターネットでの予約受付はコチラ
******************************

調理より感謝をこめて

調理部の大道です。

今年7月30日にオープンした ブッフェレストラン花の舞『有馬四季菜ブッフェ』。
オープンして早、5カ月が過ぎました。
以来たくさんのお客様にご来店いただきました。
オープンしたてのころは、お客様より慣れないスタッフにアドバイスを頂いたり、
お料理に提案を頂いたり、アンケートにて貴重なご意見を頂いたりと、
まさにお客様に育てていただいた‶レストラン″と心から感謝いたしております。

hananomai.jpg

そして、今までお客様と、ふれ合う事がほとんどなかった料理人達ですが、
このブッフェレストランでは直に接することができます。
お客様の喜んで頂けるお顔を拝見させて頂きながら、料理を作る楽しさを味わう事ができる。
声をお掛けしたり、掛けていただいたり、笑顔でお迎えすれば、笑顔で返して頂ける。
そんなやりがいを感じながら、お仕事をさせて頂いております。
料理人にとってこんな幸せな事はないのではないでしょうか。

oomiti.jpg

今後も、ますます勉強させて頂き、
さらにパワーアップしたブッフェにしていきたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします。
スタッフ一同心からお待ちいたしております。

調理部 大道

******************************
有馬温泉 兵衛向陽閣
651-1401
神戸市北区有馬町1904
Tel 078(904)0501
Fax 078(904)3838
******************************

大間のマグロのお造り

この夏から本格稼働しているブッフェレストランですが、

「お刺身がなかったのが残念~」

とお客様アンケートで多くの方が書かれていました。
ご要望にお応えして、お造り付ブッフェプランを出したりしていましたが、
とうとう「マグロのお造り」が登場いたしました!

しかもその日は「大間のマグロ」でした。
市場で超一級品として高値で取引される大間崎でとれるマグロは
「クロマグロ」や「ホンマグロ」や「黒いダイヤ」などと呼ばれ大型の種類です。
今回は小ぶりなサイズでしたが、頭は人間よりも大きいくらいでした。

美しい包丁さばきで、着々と切り取られてゆきました。

ohmamaguro.jpgのサムネール画像

その皮の固いこと。
半端な部分をもらって味見しましたが、中トロ派の私をもってしても、

「これが大間のまぐろか~、赤身うまいっ!ひきしまって濃い!」

って感じでした。赤身ってスポンジみたいな食感で好きではなかったですが
トロより何より「赤身」が絶品!!お薦めです。

「マグロ」が職人技でこのように美しく盛り付けられてしまいました。

magurotsukuri2.jpgのサムネール画像

magurotsukuri1.jpgのサムネール画像

市場の関係で、丸々1尾が毎日入るという保証はできませんが、
お造りも平日のバイキングメニューに加わる、ということですので
和食党の皆様や、晩酌のおつまみが召し上がりたいお客様には
ちょっこり嬉しいお知らせではないでしょうか?

 

WEB企画戦略室 小松令和
******************************
有馬温泉 兵衛向陽閣
〒651-1401
神戸市北区有馬町1904
Tel 078(904)0501
Fax 078(904)3838
******************************

1  2  3

月別 アーカイブ

ウェブページ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち調理部よりカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは周辺観光情報&歴史豆知識です。

次のカテゴリは兵衛アートコレクションです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネット予約が最安値-ベストレート-

条件から空室を検索

宿泊日

ご利用人数

料金


宿泊プラン一覧 空室カレンダー

予約確認・変更 予約の取消

空室状況から選ぶ(6か月)


お電話でのご予約・お問い合わせ | 0120-400-489


快適にお過ごしいただくためのお手伝い

ピックアップコンテンツ

展望露天風呂付き客室 最上の贅沢

有馬温泉 兵衛向陽閣7つのポイント

兵衛の歴史

有馬温泉 兵衛向陽閣での過ごし方

観光案内

フォトギャラリー

CMライブラリー みんなで向陽閣デビュー♪


セラピールーム HANA

癒し処 シエル


インフォメーション

  • 宿泊券・日帰り利用券
  • お客様の声
  • パンフレットダウンロード
  • よくある質問
  • 交通案内
  • 有馬の天気

メルマガ会員募集

2017年の休館日

1月/ 10日(火)・11日(水)
2月/ 27日(月)・28日(火)
3月/ なし
4月/ なし
5月/ 8日(月)・9日(火)
6月/ 26日(月)~29日(木)
7月/ なし
8月/ なし
9月/ 5日(火)・6日(水)
10月/ 17日(火)・18日(水)
11月/ なし
12月/ 11日(月)・12日(火)
13日(水)

有馬温泉 兵衛向陽閣の携帯サイト


このページの先頭へ